カニといえば

そして、あなたがそれをするならば、きちんと今度はスプーンで内臓をすくい始めてください。そして、度忘れなしできちんと冷水でそれを洗うことに関しては。行ってください;売るならば、その後それをパンに入れてください。それは狙いです、しかし、潜伏でちょうどカニのために十分です。おししいゆでがにができますよ!カニの足を食べて、長い不在の後バイキング料理を楽しんだこのホテルのビュッフェによって、それは起こりました。そのメインでは、カニの輸送の手段はテーブルで得られました、そしてそれは食べ放題の、そして、山のようなカニで中心的でした。ホテル従業員はきちんと給仕をしました、しかし、すべてのカニが高品質の記事であったとき、誰でもrushinglyに手を発達させて、第三者のために考えました。予想されているように、ホテルのビュッフェで準備されたかどうかにかかわらず、それはありました、そして、私は内容が多孔性で、まったくおいしいと言いませんでした。しかし、それは、かなり、すべてそれの後、時間が食べるために掛かっているので、私がそれがシステムの軽食である時代にカニに時間を書くことができるカニか私がホテルであるようである少しに私自身で捧げた皿がたいへん持っているものに関しては有利であることが有利かどうかをためらうための場所です。カニといえば、親のものは北海道の妻の私に住宅を供給します。そして、北海道の札幌はそうです。関係があります、あまりに、そして、年に二回必ず札幌を訪問することを行きます。もちろん、マスターの目的は、親に会いに行くことになっているが、すべての後それが貴重な北海道であるので、食事のためにすべてで重要である目的です。冬(率直に今シーズンのカニでありません)のそのような状況で、私は北海道に行きます。私が冬に北海道に行って、浪費的なカニ感じを食べないことを、1つが置く物質でない。我々は、常に2人のカップルと一緒に行くが、毎回異なったおみせでかにをを食べます。それは同じ店でよいです、しかし、これは異なる店で異なる味覚をためしたい感覚が結局大きいからです。そして、カニの気味は、本当に多種多様です。しかし、また、敗者が彼らの間でいます。明らかに、旅行者の狙いによってひどいのは、味覚です。しかし、私が良い店であったとき満足感にさわってみることは、気難しいです。旅行が今年のもののためにへ行く喜びであるこの年に半分がすでに終わっていたならば、それは、後半部、寒くなる季節とカニですおいしいですそれをします。毎年タイプを組み立てている3人の親友主婦でカニを食べるために、私は旅行に参加します。結局、女性は食べるのが好きです。また、カニといえば、冬といえば、温泉と呼ばれているセットのこれらの3ポイントは冬の冬に毎年温泉で一年の楽しみになります。私がちょうど先日集まったとき、どちらが来年冬に旅行するかについて参加するために、私はそれを検討しました。私が冬までの時間のたいへんまだそうしたので、私が結局集まって、そして、ここのカニは従前通りですおいしかったです、良いらしいよなどの記憶のために、そして、ここで開花する花は情報交換によって終わっていたが、一日中カニの物語にふくらみました。そのような食物がすぐにないと思うので、私は全くカニの大きいことを賞賛します。温泉でしゃべりまくって楽しんだ後に、ビールと温暖化目的に順応している間、カニを食べるのは、本当に最も贅沢なものです。単に主婦が毎日彼女の最善を尽くすことができるというそのようなことがあるので私が考えるので、次のカニ旅行はまさしくを楽しみにします。私が生のカニを食べるとき、注意を必要としている基本のために、私が生のカニを食べるとき、注意は本当に必要です。アマチュアが生食事を持ち帰る行為は、特にカニであるために危険です。そして、味覚を表すために、私は、テレビで船で捕えた魚を料理して、機会Iが柿と生の魚を食べるのを見たと思います。しかし、実際、それは危険な行為です。かに通販。魚と同様に、動物は何億ものバクテリアを体または表面に留まらせます。たとえば、ちょうど人間の額のような多くの脂肪で場所で見えないために、驚くべき数のバクテリアは落ちつきます。私は有名でなくて、本当にそうだけです。ものの既存の国から判断するかなり多くの関係があるので、自然の産物は私がそれを知る前に、魚に入ったバクテリアを食べたことでありえます。本当に気をつけてください。それが小さかったとき、カニの外皮は激しく必要とすることになっていた私は大きなカニが好きでした。私は、特にカニ・ミソが好きでした。

http://noburin-channel.tv/